『河内』と書いてハノイと読み、文字通り「河の内側」にハノイは位置しております。


由来となる ホン川 の写真です。


中国 雲南省の山脈からハノイを経由しベトナム北西部トンキン湾に流れていきます。


意訳すると 『赤い河』 となります。


フランス植民地時代に命名されました。
何をどう見間違えたのか、当時の識者には川が赤く見えたそうです( ̄_ ̄;)


今はどう見ても茶色です。汚れているのではなく泥が多い事が理由だそうです。



約1000年前、ベトナムの首都がハノイ(当時の名称はタンロン)に遷されました。


「平地で、川にも近くて、山にも近い」というのが、選定理由の一つになりました。
さらには景勝地でもあるし、湿気が少ないとも。
湿度100%がよくあるのですが、季節や時代の違いなのでしょうか。


雄大な自然とハノイは共存していくのであります。



いっさいアオザイと関係なくなってきましたが、
今日もフジスタジオは日系の写真館として営業中です。

アオザイのレンタルやアオザイに着替えての撮影に是非いらしてください(´ω`*)

0 コメント: