アオザイの歴史 1日目

アオザイの歴史について、スタッフが文章と写真を用意してくれました。
筆者の知らない間に、こんなに日本語が上手になって(*´∀`*)

画像はコピーライトも一切無視で転用しております。
一応聞きましたが、『アオザイと言う衣装の宣伝だから関係ないでしょう。』と言われました。

アオザイを取り扱う写真スタジオとしての使命を果たせればと思います。



~本文~


 アオザはベトナムの伝統的な服装だと言われていますが、多くの違うバージョンなので正式な話が不明なようです。


 古いDONG SON銅鼓に刻まれた映像の通りにアオザイは大昔のHUNG王国の時代、ベトナムの最初の王国からあったと信じる人がいます。






 他の人はアオザイがNguyen主「Nguyen Phuc Khoat」の統治の17世紀に「Ao Giao Lanh」から始まったと思い込んでいます。
 

 当時ベトナムは2区域に分かれました。
 北区域「Đàng Ngoài」はTrinh主に統治されていました。一方南区域「Đàng Ngoài」はNguyen主の区域になりました。


 ベトナム女性が「Ao Giao Lanh」を着ていました。


 独立や帝国のため、Nguyen Phuc Khoat主は改変の事を命じました。


 オーバーコートにボタンがあり、ドレスの代わりにズポンになりました。北区域の人と差別するためのでした。そのように、アオザイは生まれました。



 ~続く~

0 コメント: